建売の住宅を比較して購入して感じたこと

私の実家は建売住宅を購入したもので、その辺りに20戸ほど一斉に販売されました。どの家も内覧可能でまだまだ選べる段階でしたから、気になる家を両親と回ってあれこれ比較した時のことを覚えています。
建売住宅でも敷地の広さや価格で、間取りや内装などが大きくことなり、やはり一生に一度の買い物となるとかなり迷うものです。間取りが気に入っていても予算が合わなくて残念な物件、建物は全て気に入っていても場所が気になる物件など、その一長一短の状況に決めかねてしまいます。現在住んでいる家は、それらの中でも一番シンプルで住みやすそうな家という観点で選びました。値段もお手頃だったからです。
既に実家周辺のその住宅地も築30年を越えていますが、結果的に今の住まいで良かったと感じています。部屋の間取りなどは違っても、家のグレードはほぼどこも同じであったため、その点においてはどこを選んでも同じ状況でしょう。それよりも選ぶ際に大切だと感じたことは、立地環境です。幸いうちの隣はずっと空き地のままなので風通しも日当たりもよくラッキーでした。これは偶然なので選べる環境ではありませんが、密集しているような場所で住宅を考える場合は、風通しや日当たりの条件が生活に大きく影響することを頭に入れて検討して欲しいと思います。